人気の電子書籍リーダーを価格・使いやすさ・利用者の口コミで比較

クチコミランキング

電子書籍リーダーを比較

ホーム > パソコン・家電 >電子書籍リーダー

口コミ投稿口コミ投稿はページ下部から

電子書籍リーダー比較 口コミ

更新日'17.10.1

電子書籍リーダーを比較!Kindleやkobo、ソニーなど各社の電子書籍リーダーを口コミで比較・ランキング

電子書籍リーダーは、電子書籍を閲覧するための専用端末です。読書に特化した端末のため、電子ペーパーや薄型で軽量なボディなど、快適な読書時間を実現するための工夫が凝らされています。電子書籍リーダーがあれば、本屋に行ったり、配送時間を待たずに、いつでも好きな本を読むことが可能。電子書籍リーダー1台で1000冊以上のコンテンツを保存できるため、持ち運びや保管にも便利です。
ここでは、各メーカーの主要な電子書籍リーダーを比較。価格や機能性、スペックをチェックしています。日々進化を遂げる電子書籍リーダーで快適な読書時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

関連ランキング 電子書籍比較
  タブレット端末比較

クチランスタッフ

【期間限定】Yahoo!Japan JCBカードへの入会で、もれなく最大5,000円分のTポイントプレゼント!ポイント還元でもオトク!

圧倒的なシェアと人気を誇るAmazonの電子書籍リーダー内蔵のWi-Fiを使って、端末からKindleストアに直接アクセスし、約60秒という速さで電子書籍をタウンロードできる。ソフトウェアのインストールや複雑な設定は不要で、PCを経由する必要もない。
Kindleの魅力は、電子書籍に特化した端末ならではの使いやすさと、コンテンツの充実度。本体は、ディスプレイを長時間見続けても目が疲れないよう、電子書籍リーダーとしては最高クラスの解像度と、独自技術の内蔵ライトを搭載。インターフェイスの操作性はタブレットPCと比較するとやや劣るものの、1回の充電で8週間使える超長寿命バッテリーと、1cm以下の薄さ、約222gという軽さが、快適な読書時間を実現させてくれる。ダウンロードした本はKindle本体に1,000冊以上保存可能(※コミックなど一部大容量のファイルを除く)。
また、Kindleストアの電子書籍は通常よりも安く購入でき、太宰治や芥川龍之介など1万点以上の名作を無料で読める点も大きな魅力。「Kindle Paperwhite 3G」であれば、月額費用や煩雑な契約なしに3G回線を使用できるため、回線環境を気にすることなく、いつでも好きな本をダウンロードできる。
ちなみに、AmazonではKindleの無料アプリも提供しており、iPhone、iPadやAndroid端末での利用も可能。Whisoersync機能を使って読みかけのページを共有することで、どのデバイスからでもすぐに続きを読むことができる。
2012年12月に発売された「Kindle Fire」シリーズは、本だけでなく、アプリ、ゲーム、音楽、インターネットやEメールまで、1台で楽しむことができるようになっており、数ある電子書籍リーダーの中でも高い人気を獲得。出版社との契約から一部の漫画等がまだ読めない点は残念だが、電子書籍リーダーの中で最も有力な選択肢である事は間違いない。

サービス比較

  Kindle Paperwhite/Kindle Paperwhite 3G
価格比較 \7,980/\12,980
スクリーンサイズ 6インチ(共通)
ディスプレイ技術 Paperwhite、内蔵型ライト(共通)
解像度/画素数 758x1024(共通)
接続 Wi-fi /無料3G接続+Wi-Fi接続
容量 2GB (Amazonのコンテンツについては、無料のストレージ有)(共通)
重量 222g/213g
対応ファイル形式 AZW3、TXT、PDF、MOBI、PRC
JPEG、GIF、PNG、BMP
ストアコンテンツ数 国内約5万点以上、海外140万点以上
いい口コミ
夫がプライム会員の特典で購入しました。古典的な文学作品は無料で読めますし、ハードカバーの新刊なら数百円安く買えて便利だそうです。ただ、時々不具合が出て再起動が必要になります。(45才・女・専業主婦)
多くの書籍を取り扱っているのが、とてもいいですね。また、Amazonプライム会員になると、毎月書籍を無料ダウンロードできます!専用のアプリでもサクサク読めるので、紙媒体とは違った形で、いつでも本を読めてとっても便利です。(31才・女・フリーランス)
他のは実際には見たことがないので比べる事は出来ませんが、Amazonなので海外の絵本なども多くすごく安く出ています。そうゆうなかなか本を手にできないようなものが手軽にダウンロード出来るのがとても良いと思います。(53才・女・専業主婦)
電子書籍に特化した画面で長時間見ていても目が疲れないのがいいです。書籍数も多く、紙の書籍より安いし、端末価格も安いので本を多く読む人にはお得です。(21才・男・大学生)
Kindle(2014無印)利用者です。読書に特化した最小限の機能で使いやすいです。インデックス機能により全文横断検索が可能で、ちょっとした自作データベースができます。今後の要望としては、・メモ帳の日本語入力変換機能はまだ少々まどろっこしく、改善の余地あり。・容量。現行モデルで3.1GBはKindle本だけを入れるなら十分ですが、青空文庫やPDFを入れるとあっという間に無くなります。今後に期待します。(30才・女・大学院生)
Kindle Paperwihteは値段もお安く買えるので、使ってみたいと考えている人に取っては買いやすいのではないでしょうか。amazon内で購入すれば無料のクラウドに保存される所も安心です。電子書籍なのに本と変わらない値段も付いている商品もあるので、もう少し値段が下がって欲しいです。(30才・男・自営業)

クチコミをもっと見る

中立の口コミ
値段はかなり安く、プライム会員ならかなりお得に買えるので、買って損したとは思わないが、操作性が低く、速度も遅い。馴れないと難しいかもしれない。また広告がかなりよく出てきて、勝手にぴかぴかしていることがあるのでなんとかしたいが、説明書をいちいちみないとそれらを直せない(もしくはなおらない??)ので面倒。電池のヘリはあまり早くないので良いと思います。(30才・女・主婦)
Kindle Fire HDはタブレットとしては拡張性が無く(アプリも少なくカメラも前面にしか付いてない)、電子書籍リーダーとしては他と比較しても異様に重くて腕が疲れるという、中途半端な存在。カラー液晶はきれいだがバッテリーは8時間もつというが実際は半分くらいで切れてしまうし、買うなら白黒のPaperWhiteで良いと思う。(39才・女・会社員)
悪い口コミ
家族からプレゼントされました。便利だから、といわれたのですが初期設定にWi-Fi環境が必須な機種で。わが家は対応していないのでお蔵入りしました。同封されていた取扱説明書は説明不足。本体の説明文もWi-Fi設定から先は進めないのでカスタマーサービスに電話するしかありませんでした。初めて使う人にとって、不親切だと思います。(45才・女・専業主婦)
総合 口コミ受付中!
画面 口コミ受付中!
電子書籍数 口コミ受付中!
携帯性 口コミ受付中!
操作性 口コミ受付中!
人気 口コミ受付中!

Kindle画像

楽天の子会社Koboの電子書籍リーダー。2012年7月に発売された「kobo Touch」では、初期設定がうまくできないケースや、書籍ラインアップ数の表示について消費者庁からの行政指導を受けるなど問題が続出した。
2012年11月に発売された「kobo glo」ではこれらの問題を解消すべく、さまざまな改善がなされている。内蔵ライトが搭載され、解像度も電子書籍リーダーで最高峰クラスのKindleと同レベルとなった。電子書籍および画像の対応ファイル形式が多く、microSDカードで容量を拡張できるため、たとえば、データの大きなコミックシリーズを全巻持ち歩くことも可能。購入コンテンツについては、Kindle同様、無料のクラウドに自動バックアップされる。
電子書籍の購入は内蔵のWi-Fiを使って、端末からkoboイーブックストアに直接アクセスし、2ステップで購入可能。楽天スーパーポイントの対象にもなるため、楽天会員にとってお得な仕組みとなっている
難点は、koboイーブックストアのユーザビリティ。Kindleストアと比較すると、支払方法がクレジットカードに限られており、ユーザーレビューが点数評価のみなど、購入時のシステム面で一歩劣る感は否めない。また、他社製品と比較して、デバイス連携の遅れも気になるところ。現時点では楽天koboイーストアの電子書籍は専用端末でしか読むことができない。近日中に公開が予定されているAndroidアプリやiOSアプリに期待したい。
発売当初は大きな問題となった楽天koboだが、急速に進化を遂げているのは事実。2012年12月中旬には、5インチサイズの「kobo mini」も発売され、さらに選択肢も広がっている。今後、電子書籍リーダーを比較、検討する際の有力な一候補であることは間違いない。

サービス比較

価格比較 \7,980
スクリーンサイズ 6インチ
ディスプレイ技術 Paperwhite、内蔵型ライト(共通)
解像度/画素数 758x1024
接続 Wi-fi
容量 2GB
重量 185g
対応ファイル形式 EPUB、PDF、RFT、TXT、HTML、MOBI
JPEG、GIF、PNG、BMP、TIFF、CBZ、CBR
ストアコンテンツ数 約66,000冊
いい口コミ
デザインがシンプルで良いですし、重さも軽いので長時間持っていられると思います。最大で約8週間も続けて使用出来るで手間が省けて電気代もかからないので良いと思います。電子書籍を買う際に楽天ポイントも利用出来るので楽天ユーザーの方には良いと思います。(26才・女・アルバイト)
そもそも電子書籍用の専用端末とタブレット端末をいっしょに比較するのはおかしいと思います。最近境界が無くなってきているとはいえ、電子書籍専用端末とタブレット端末では目への優しさと重量、持ち時間が全く違います。常に持ち歩いて本を楽しみたいという人は電子書籍リーダーの方が良いと思う。なかでもKobo touchは優秀な端末だと思います。(36才・男・会社員)
何が良いってキンドル含め、他の電子書籍リーダーと比較して価格が圧倒的に安い!私にいたっては楽天カードの入会キャンペーンを利用し、無料でkoboを受け取りました。実際に手に取ってみると思った以上に使いやすいですし、書籍の購入についても満足しています。リリース当初はいろいろ問題があったと思いますが、2013年3月現在だと特に不満を感じたことはありません。(36才・男・会社員)
中立の口コミ
とにかく安い!他の電子書籍リーダーと比較しても価格優位性はあると思う。楽天市場の会員ランクが高いとポイントバックがあるし、楽天カードの入会で無料でもらえる事もある。ただkindleやNexusといったタブレットにもなる端末と比較するとやれることは少ない。(35才・男・会社員)
悪い口コミ
Koboを使うメリットって余り感じないかも・・・不具合も多かったし、値段も変わらないならKindleなど他の機種を購入します。(30才・男・自営業)
総合 口コミ受付中!
画面 口コミ受付中!
電子書籍数 口コミ受付中!
携帯性 口コミ受付中!
操作性 口コミ受付中!
人気 口コミ受付中!

Kobo画像

キャンペーン情報

【期間限定】新規入会&1回利用でもれなく5,000円相当プレゼント!

期間中にキャンペーンページから楽天カードに新規入会し、翌月末までにカードを利用するともれなく5,000円相当をプレゼント!

楽天カードキャンペーン

ソニーが販売する電子書籍リーダー。現在の最新機種は「PRS−T3S」。KindleやKoboと同様、本物の紙に近い文字表現が可能な電子ペーパー「Pearl」をディスプレイに採用しており、長時間の読書でも目が疲れにくい仕様になっている。
「PRS−T3S」の最大の特徴はページ送りの滑らかさ。電子ペーパーの特性上、ページ送りの際に白黒が反転し画面のリフレッシュが行われるが、このページ送りにかかる時間は電子書籍の大きな短所となっている。「PRS−T3S」では独自のアルゴリズムによって、白黒の反転現象を低減しており、スムーズな読書という面で他の電子書籍リーダーの一歩先をいっている。1回の充電で8週間使える超長寿命バッテリーと業界最軽量の160gという軽さも魅力。microSDメモリーカードスロットを搭載しており、メモリ拡張も可能。約238,000語を搭載した「大辞林」をはじめ、英和辞典や英英辞典も収録しており、読書中に気になった語句や知らない単語をすぐに調べることができる。
書籍の購入はソニーのReader Storeに直接アクセスしていつでも購入可能。ただし、Reader Storeもkoboイーブックストア同様、書籍説明はあるが、ユーザーのレビューはない。
ちなみに、Readerで購入した書籍はAndroid端末でも読むことができ、読書の進捗状況の共有も可能。FacebookやEvernoteとも連携しており、ニュース記事やブログなど、Everenoteのクリッピング機能で保存した文章を、Readerで電子書籍のように読める点も大きな魅力となっている。
ストアのコンテンツ数やレビューの充実度では、楽天同様、Kindleに一歩譲る感があるものの、電子書籍リーダーそのものの性能や利便性では決して引けを取らない。電子書籍リーダーの購入を検討する際は、比較の候補に加えたい電子書籍リーダー。

サービス比較

価格比較 \9,980
スクリーンサイズ 6インチ
ディスプレイ技術 Paperwhite、内蔵型ライト(共通)
解像度/画素数 758×1024
接続 Wi-fi
容量 2GB
重量 160g
対応ファイル形式 .mnh、XMDF、.book、EPUB、PDF、TXT
JPEG、GIF、PNG、BMP
ストアコンテンツ数 約66,000冊(2012年10月現在)
いい口コミ
とにかく、目が疲れないです!長時間でもずっと快適に読み続けられます。薄くて軽いから、色々なところへ持って行って読んでいます。(45才・女・主婦)
総合 口コミ受付中!
画面 口コミ受付中!
電子書籍数 口コミ受付中!
携帯性 口コミ受付中!
操作性 口コミ受付中!
人気 口コミ受付中!

READER(ソニー)画像

東芝が製造・販売を手掛ける電子書籍リーダー。「Book Place」の最大の特徴は電子書籍の専用端末でありながら、カラー液晶を採用している点。写真集や雑誌など画像メインのコンテンツをフルカラーで見ることができる。その分、電子ペーパーを採用している他の電子書籍リーダーと比較すると、長時間の使用で目が疲れやすい・バッテリー持続時間が7.5時間と短いなどのデメリットもある。画面サイズは7インチ、重さは330gと電子書籍リーダーとしては大きめ。
カラー液晶と並ぶ「Book Place」の魅力として挙げられるのが、独自の音声読み上げ機能。混雑した電車内でヘッドホンで音声の読書を楽しんだり、読み上げのスピードを下げて子どもの読み聞かせとして使用することもできる。
電子書籍の購入は「Book Placeストア」でいつでも購入することができ、購入前のお試しとして「立ち読み」機能を利用可能。書籍説明はあるが、ユーザーのレビューはない。購入した書籍は、ノートPCやタブレットなど、最大3台までの情報機器で読むことができる。また、子ども向けのサービスとして、過激な表現が含まれるコンテンツの表示を調整できる「セーフサーチ」機能が付帯。
定価15,900円という価格は他社製品と比較するとかなり高めだが、内蔵の無線LANでwebページの閲覧やEメールの送受信ができるなど、タブレット端末としても利用できる点を考慮するとコストパフォーマンスは良い。購入時は「BookPlaceストア」で使える書籍購入ポイント5,000円分も付いているため、カラーで電子書籍を楽しみたい人は比較・検討の余地がある電子書籍リーダー。

サービス比較

価格比較 \15,900
スクリーンサイズ 7インチ
ディスプレイ技術 TFTカラーLED液晶(広視野角/LEDバックライト)
解像度/画素数 600×1,024ドット
接続 無線LAN
容量 1GB
重量 330g
ストアコンテンツ数 約50,000冊(2012年2月現在)
中立の口コミ
電子書籍リーダーはまだまだ白黒が主流ですが、専用端末でカラー対応していてマルチメディア端末としては評価できると思います。ただ肝心の電子書籍の販売サイトがBookPlaceに対応していない事があり閉口する。独自規格を採用してるからなのかは知りませんが、この端末が電子書籍リーダーとして主流ではない以上、そういう問題を抱える事になるのでこれから買うかどうかは難しいところです。(38才・男・会社員)
総合 口コミ受付中!
画面 口コミ受付中!
電子書籍数 口コミ受付中!
携帯性 口コミ受付中!
操作性 口コミ受付中!
人気 口コミ受付中!

電子ブックリーダーBook Place画像

電子書籍ストア最大手の「BookLive!」が販売するNEC製の電子書籍リーダー。「Lideo」の特徴は子どもやシニア世代でも迷わずに使える簡単な操作性と電子書籍ストアならではのコンテンツの充実度。「もっと手軽に、誰にでも使いやすく。すぐに使える専用端末をつくりました。」というキャッチコピーの通り、初期設定はとても簡単で、PCの接続も不要。本体にWiMAXが内蔵されているため、面倒な契約手続きなしに月額4,000円かかるWiMAXを完全無料で使用できるのも大きな魅力。3G回線内蔵の「Kindle Paperwhite 3G」の定価が12,980円とであることと比較しても、定価8,480円はお手頃な価格といえるだろう。本体は、厚さ9.4mm、170gというスリムなボディと電子ペーパー採用により、長時間の読書でも疲れにくい仕様。容量も4GBでKindleや楽天Koboの2倍となっており、スペック面でも充実している(ただし、BookLive!サービス専用端末のため、外部メモリカードスロットはない)。
電子書籍の購入は10万冊以上のコンテンツ数を誇る電子書籍ストア「BookLive!」でいつでも購入でき、代金は携帯料金とまとめて支払うことも可能。
他のデバイスとの連携も優れており、BookLive!の無料会員に登録すると、PCやスマートフォンなどあらゆる端末で電子書籍を読むことができる。機能面・サービス面でも優れている「Lideo」は、電子書籍リーダー比較の有力な選択肢のひとつになるだろう。

サービス比較

価格比較 \8,480
スクリーンサイズ 6インチ
ディスプレイ技術 Paperwhite、(共通)
解像度/画素数 600×800
接続 WiMAX
容量 4GB
重量 170g
ストアコンテンツ数 約109,000点
いい口コミ
kindleと同じく商品購入時の通信費用が無料。またここでしか配信されない電子書籍がたくさんある。BookLive!は、コミック、小説共に多分他の電子書籍ストアと比較してもトップクラスに充実しているのでBookLive!ユーザーであれば使うメリットは多い。(36才・男・マーケティング関係)
総合 口コミ受付中!
画面 口コミ受付中!
電子書籍数 口コミ受付中!
携帯性 口コミ受付中!
操作性 口コミ受付中!
人気 口コミ受付中!

Lideo画像

ピックアップ

電子貸本Renta!は、株式会社パピレス(大証JASDAQ上場)が運営する、国内最大級の電子書籍レンタルサイト。レンタル形式の販売スタイルをとることにより、他の電子書籍販売サイトと比較してリーズナブルな価格を実現。手持ちのパソコンやスマートフォン、タブレット、電子書籍リーダーを使って、簡単に電子書籍をレンタルし、読むことができる。
Renta!の最大の魅力は、利用方法が非常にシンプルな点。他の電子書籍サイトのように専用アプリや書籍データをダウンロードする必要がないため、チケットを購入し、読みたい電子書籍を選ぶだけで、すぐに読み始めることができる。
チケットは1枚105円で、1枚から100枚まで購入可能。支払いはクレジットカードのほか、各種ウェブマネーにも対応しており、携帯電話料金と一緒に引き落とすこともできる。 各電子書籍は無料サンプルで内容をチェックする事ができ、第1巻が一冊丸ごと無料で配信されている作品も多い。実際に内容を確認してから購入できる点は、読者にとって大きな利点といえる。
また、電子書籍は、48時間レンタルか無期限レンタルかを選択でき、48時間レンタルの電子書籍を、無期限レンタルにアップグレードすることもできる。ただし、電子書籍によっては48時間レンタルか無期限レンタルかのどちらかのみ、という場合もあるので要チェック。48時間レンタルした場合は、48時間後に自動的に返却されるので、延滞金の心配をせず、安心して借りることができる。
電子書籍のラインナップは、コミック、小説、実用書、雑誌、グラビア、動画など。特にコミックと小説が充実しており、少女コミック・少年コミック・青年コミックはもちろん、4コマ漫画やコミックエッセイ、ライトノベル、オーディオブックなども揃っている。
Renta!を利用すれば、専用の電子書籍リーダーはもちろん、自分のパソコンやスマートフォン、タブレットをそのまま「電子書籍リーダー」として利用できる。豊富な無料サンプルや、読者のレビューを読みながら、今まで知らなかった名作や、お気に入りの電子書籍を見つけたい人は要チェック。

サービス比較

購入方法 チケット制(1枚105円)
支払い方法 クレジットカード(VISA、Master、JCB、AMEX、ダイナース)、ケータイ決済(docomo、au、softbank)、WebMoney、Yahoo! ウォレット、suica(モバイル決済、インターネット決済)、Edy(モバイル決済、インターネット決済)、PayPal
レンタル期間 48時間、もしくは無期限
※商品によっては48時間か、無期限かどちらかのみ
ラインナップ コミック、小説、実用書、雑誌、グラビア、動画
対応端末 パソコン、iPhone、Andoroid
iPad、Sony Tablet、Galaxy、ARROWS、MEDIAS、NEXUS7などのタブレット端末
Kindle Fire、Kindle Fire HD, iPod touch など
特徴
  • 専用アプリや作品データなどのダウンロード不要
  • 返却手続き不要(自動返却)
  • 通信環境が悪い場所でも読めるサポートアプリあり
  • ダウンロードした電子書籍は他の端末からでも閲覧可能
  • 全作品に無料サンプル付き
いい口コミ
口コミは現在募集中です。

電子貸本Renta!画像

ページトップへ

OTHERS!電子書籍リーダー

その他の電子書籍リーダーの口コミ

ブックプレイス
あまり知られていない電子書籍リーダーですが地味に使いやすい。無線LAN機能を搭載しているのでどこでも本が買えるし、文字を大きくできる点も良い点だと思う。バックライトの明るさもちょうど良い。これで1万円台で変えるというのはかなりお得度は高いと思う。(42才・男・会社員)
iPad(Apple)
電子書籍リーダーだと、紙の本に近い感覚で、読むことが出来、目に負担も少ないが、他社のサイトからの購入は出来ないのに対し iPadは、koboもkindleも、アプリで読めるし、何処からでも購入出来る。 自炊書籍も、無料のアプリで読める。ただ 重いので、iPad mini がお勧め。(40才・女・自由業)
Nexus7(Google)
価格も購入しやすい設定だし、実際に画質もいい!初めて購入するにはもってこいの電子書籍リーダーというかタブレット端末だと思います。(23才・男)
他の人の口コミにも書いてありますが、この価格でこれだけサービスが充実しているタブレット端末はないと思う。電子書籍専門の端末ではないが、ほぼ全ての電子書籍ストアがアプリで対応している点も便利だと思う。私は専用端末よりも汎用性を考えるとこちらがお薦めです。(36才・男・会社員)
Nexus(Google)
コストパフォーマンスがとても高く、電子書籍で使うのも良いがその他にもいろいろ使える機能やアプリが充実しているので、購入して損は無い機種だと思います。(30才・男・自営業)

※電子書籍リーダー比較はクチコミランキング編集部調べです。

※掲載情報の詳細は電子書籍リーダーの販売各社でご確認ください。内容に変更が生じている場合もありますのでご注意ください。

※電子書籍リーダーへの口コミは投稿者の意見です。掲載情報はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

※虚偽である、個人を攻撃している等、問題のある口コミは、右のリンクから報告してください。 問題のある口コミを報告する

電子書籍リーダー比較 口コミ投票! 口コミ10回採用でAmazonギフト券1000円プレゼント!詳細・口コミ情報の取扱についてはこちら

どの電子書籍リーダーに口コミする?
※必須
  • Kindle(Amazon)
  • Kobo(楽天)
  • READER(ソニー)
  • 電子ブックリーダーBook Place(東芝)
  • Lideo(BookLive!)
  • iPad(Apple)
  • Nexus(Google)
  • GALAPAGOS(SHARP)
  • UT-PB1(Panasonic)
  • その他
評価項目と点数※必須
(主にどの項目について評価するかを選択し、点数をつけてください)
評価項目    点数(5点満点) 5 4 3 2 1
理由
メールアドレス※必須、PCアドレス ※口コミ採用時のご連絡先となります。
年齢
性別
ご職業 (例:銀行員、専業主婦など)

ページトップへ

Copyright(c) 口コミならクチコミランキング 2016  掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。